新米ママ必見!母乳で育てたいママにおすすめな哺乳瓶3点!

こんにちは。

私が使った哺乳瓶について紹介します。哺乳瓶って赤ちゃんによって好みがあったり、いきなり飲まなくなったりで選ぶのが難しいですよね。今回は私が実際に使っておすすめしたい哺乳瓶を見ていきます。

使ってみた哺乳瓶

  • ピジョン  桶谷式直接授乳訓練用  母乳相談室  

産院で使用していたので購入しました。ママの乳首に近い形になっているので、母乳を飲んでいる時と同じような唇と舌の形で飲めます。吸い穴が小さいので母乳を飲む時のように強い力で吸う力が必要なため、完母を目指しているママにおすすめです。サイズは160mlのみ。

使っていた3種類の哺乳瓶の中でダントツの飲みにくさで飲ますのに時間がかかりました。プラスチックでの作りはなく、ガラスのみです。訓練用というだけあって、柄などはなく可愛さはないこととガラス製ということもあり、持ち運びには向かないかなと思います。

ネット通販のみの販売という情報があり、ネットで購入しましたが、アカチャンホンポの店頭でも取り扱いがありました。

  • ピジョン 母乳実感

こちらも母乳相談室と同じくママのおっぱいを飲むのに近い唇の形で飲めるので、母乳育児希望のママに人気です。取り扱っているお店も多いので、一番持っている方をよくみるのがこちらの哺乳瓶です。ピンクやブルー、黄色などカラフルでディズニー柄や動物柄など可愛らしいものも多くてお出かけにもぴったりです。ガラス製とプラスチック製があります。ガラス製はピジョンのロゴのもので、プラスチック製は可愛らしい柄のものになっています。

使ってみた感想は、一番飲みやすい印象です。振っただけでぴゅっと出るので、取り扱い注意です。蓋をしっかり締めれば大丈夫です。乳首のサイズも豊富なので月齢に応じて変えていけます。始め、乳首のサイズが合わなくなっているのに気づかず、最初についていたSSサイズをずっと使っていたら、とても飲みにくそうで時間がかかりました。サイズを月齢に合わせたら、適正時間で飲めるようになりました。乳首は消耗品なので、お子様の成長や穴などに注意して交換が必要です。

  • ドクターベッタ

デザイン性の高さが大人気のドクターベッタです。妊娠中に2サイズ購入しました。また、陣痛タクシーのプレゼントで一番小さいサイズをいただいたので大中小1つずつあります。日本製なのも安心ですね。

独特のカーブにより赤ちゃんが体を起こした自然な姿勢でミルクを飲めるようになっています。空気も入りにくいので、吐き戻しやゲップも軽減されるそうです。

乳首は助産師さん考案のブレインと飲みやすいスタンダードなジュエルの2種類があります。ブレインは助産師さん考案でそしゃくしながら飲むことに重点を置いています。ソシャクすることで、顎を発達させて丈夫な歯を作ること、消化を助けて唾液の分泌を促すことにつながるそうです。唾液の分泌は虫歯予防にもなるので大切なポイントですね。

デザインが可愛いのでお出かけのお供に使っています。娘も飲みやすいのかこちらの哺乳瓶だと大人しく飲んでくれます。しかし、上に書きました独特なカーブにより、嵩張ります。かばんの中に入れるのに少し困りますよね。

母乳育児を目指すなら「母乳相談室」「母乳実感」

母乳育児に移行をめざすなら、ピジョンが優秀!毎日使う哺乳瓶だから、飲みやすさだけを重視して、哺乳瓶でしか飲まなくなってしまっては困ります。母乳に近い飲み心地のものを選びたいですね。

お出かけ用なら「ドクターベッタ」「母乳実感」

お出かけはデザイン性の高いドクターベッタと母乳実感が人気です。せっかくなら、可愛い哺乳瓶で気分を上げていきましょう。

総合的に使えるのは「母乳実感」

デザイン、母乳移行どちらも高得点な母乳実感はサイズ違いで持っておきたいです。

これから出産される方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です