赤ちゃんに快適なお部屋作り!フロアマットの選び方!

こんにちは。
今日はお部屋づくりについて紹介します。

赤ちゃんが寝返りを始めたり、タッチするようになったりして活動範囲が広がってくると、
お部屋のインテリアが気になってきますよね。

フロアマット選びのポイント

我が家も、娘がよく動くようになると定番のフロアマットを敷きました。
フロアマットは100円均一やニトリ、アカチャンホンポ、楽天等いろいろな場所で購入が可能です。
我が家は「ザ・子供部屋」というカラフルなものが苦手で、インテリアに馴染むようにとニトリで木目調のフロアマットを購入しました。
ニトリには1マスが大きいタイプと小さいタイプがあり、我が家は大きいタイプの物を購入しました。
お部屋のインテリアの邪魔をしないので、非常に気に入っています!!

フロアマットを選びで盲点だったこと

マットの間のゴミ問題

フロアマットはパズルのような感じでお好みで繋げていくのですが、マットとマットの間に間ができてしまい、
ゴミが溜まります。個人的にそれがすごく気になるので、マットの上にはラグが必須です。

おしゃれな柄のフロアマットは不要だった

ある日、玉ねぎの皮のようなものが落ちていて、「あれ?」と思うと、それは娘がフロアマットの表面をピリピリと剥いだものでした。フロアマット。。。赤ちゃんに剥がれるのあるあるです。そのため、木目柄など柄を拘っても意味ありませんでした!笑
柄ではなく、マットの色を好みの色に揃えるぐらいにしておいたほうが良さそうです。高かったのにな。

オプションの端部分は不要だった

マットの端部分の始末用に縁部分のマットが売っています。私たちも購入したのですが、正直不要でした。
なぜかというと、即赤ちゃんのおもちゃになってしまうから。娘に取られて、ハメての繰り返しです。
よほど几帳面でない限り、不要だと思います。

赤ちゃんが楽しく、安全に過ごせるように必要なフロアマットで赤ちゃんに快適なお部屋にしましょう!

参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です