おしゃぶりを使うと歯並びが悪くなるって本当?

こんにちは。
おしゃぶりを使うと歯並びが悪くなるって聞いたことがありませんか?
今日はおしゃぶりと歯並びについて書きたいと思います。

おしゃぶりを使うと歯並びが悪くなるの?

0歳代の赤ちゃんがおしゃぶりを使っても歯並びに影響はありません。
1歳半を過ぎてからは影響が出やすくなると言われています。
1歳ごろから使用頻度を減らしていって遅くても2歳半までに卒業すれば問題ありません。

おしゃぶりで開咬になりやすくなる

昭和大学小児科による、おしゃぶりの使用と歯への影響を調べた2006年の結果では、
おしゃぶり経験のあるこどもは2歳半で179名いて、21か月以上使っている子では開咬などの影響が顕著です。
開咬とは舌で前歯が押されて上下の前歯に隙間ができることです。
25〜30ヶ月使っているこどもでは、約半数に開咬や上顎前突(出っ歯)が見られました。

おしゃぶりは育児の手抜き?

かつて日本ではおしゃぶりは育児の手抜きだと思われ、敬遠されていました。
しかし、核家族化が進んでいる現代では、赤ちゃんの寝かしつけや泣き止ませに役立つアイテムとなっています。

おしゃぶりの使用は乳頭混乱に注意が必要

母乳育児の赤ちゃんがおしゃぶりに慣れると、乳頭混乱を起こす場合があります。
乳頭混乱とは哺乳瓶になれた赤ちゃんが母乳を嫌がることを言います。ここではおしゃぶりになれた赤ちゃんが母乳を嫌がるということですね。

おしゃぶりは常時使うのは避けましょう

おしゃぶりに頼りすぎることで赤ちゃんが言葉を発する機会がなくなったり、親子のふれあいが減ってしまいます。
おしゃぶりは常時使うのは避けましょう。こまめに洗って、使う時は清潔なものを使いましょう。

まとめ

・おしゃぶりの使用は1歳半までであれば問題なし
・乳頭混乱になる危険があるので注意が必要
・おしゃぶりは適度に使用すれば便利なもの

参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です