水天宮でのお宮参り!持ち物は?駐車場はある?

こんにちは。今日は水天宮でのお宮参りについて紹介します!

安産・子授けの神様といえば水天宮

水天宮は安産・子授けの神さまとして知られています。戌の日にはたくさんの妊婦さんが安産祈願に訪れます。安産祈願に続いて、お宮参りも水天宮で行う方も多いですね。

創建は文政元年ですが、平成28年4月から新しい社殿となり、非常に綺麗です。

お宮参りの予約はいる?必要なものは?

予約、時間指定はできません。 当日、受付時間内に直接神札所へ行く必要があります。家族全員が揃ってから代表者が受付します。人数は大人6名まで、子どもは何人でもOK!!

受付時間

祈祷受付 8時〜15時半(戌の日:16時)
ご祈祷、最初の回は9時(戌の日:8時半)頃から開始。祈祷時間は15分程度。

お初穂料にのし袋は必要?いくら必要?

のし袋は必要ありません。そのまま納めて大丈夫です。HPなどを見て悩む方もいると思いますが、水天宮ではそのまま出す方がほとんどでした。気になる方は、のし袋を用意しましょう。

お初穂料の相場は5,000円〜10,000円ですが、水天宮では一律5,000円になっています。一律だと悩まなくていいですよね!

駐車場はある?授乳室はある?

駐車場はあります。1階、地下が駐車場になっています。30分300円で利用料金の割引はありません。駐車場の利用時間は午前7時から午後5時迄です。最大40台なので戌の日や土日は満車の場合があります。水天宮の真下なので妊婦さんや赤ちゃん連れでも安心です。

授乳室はある?オムツ替えは?

待合室と3階に授乳室があります。パーテーションや仕切りがないので授乳ケープを持参した方がいいです。

オムツ替えはお手洗いにあるオムツ台で行います。男子トイレ、女子トイレそれぞれに1台ずつあります。

ウォーターサーバーはありましたが、使用不可になっていて2階でお湯を貰えるようですが、お湯と調乳用のお水を水筒、ペットボトルで持参した方が良さそうです。

お宮参りの服装は?

お宮参りは男性はスーツ、女性はワンピースが一般的です。赤ちゃんはベビードレスに祝い着を着せる方が多いですね。私は産後の体型の変化で手持ちのワンピースを着たら胸が目立ち、うまく着こなせなかったので、急遽フォーマルな授乳服を用意しました。ミルクティのワンピースはステキなものが多いのでオススメです!



まとめ

・予約不可。土日祝と戌の日がかぶる日はとてつもなく混むので注意!

初穂料は5,000円をのし袋はなし

・駐車場あり

・授乳室はあるが授乳ケープが必要!お湯は持参した方が◎

・オムツ替えはトイレで。

・着ていく服は事前に用意を!授乳ワンピースがらくちんで決まるからオススメ!

参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク